染み抜き・靴ブーツクリーニングなら茨城県土浦市のかざまクリーニングへ

Tel.029-869-7115

修復職人かずやのブログ

世田谷区に渓谷?

2015年07月22日

20150720_1613221

東京の奥深い魅力に取り付かれてここ数ヶ月、各地散策しております。

今日は世田谷から目黒、渋谷にかけて散策
やっぱり東京の靴修理屋さんは繁忙期も過ぎたというのに、坪数も少ないのに品物半端なく入っております。
さすが有名店だけあって高級な紳士靴も多そうでしたし、普段履きも多数持ち込まれていますねー。
クリーニングもやっており、バッグの修理もやっているようでしたし、これからはクリーニング店も、靴修理店も、洋服のお直し屋さんも、シミ抜き屋さんも、垣根がなくなるような予感がします。大手から逃れ、1店舗がノウハウの集合体として今度はそこで小さな淘汰が始まる予感。いや、もう始まっている。ネットでの空中戦ももう勝負が付いていますね。今からネット戦略はもう遅いかもしれません。何事もみんなが始まったらそれは終わりの始まり。株も土地も。

どんどん小さくなる市場とどんどん減っていく業者。

ただ、最近そんなことはあまり気にしなくていいようになった僕。
「好きなことをやる」「やらせてもらえている」それが一番楽しくて、技術も上がり、結果的にお客様に喜んでもらえる。
そう思っています。

ということで、さて前から行ってみたいと思っていた三ツ星食堂さんへ高い駐車料金を払って歩いて向かう。
なんと日ごろの行いも報われず定休日・・残念

20150720_113623

結果、目黒のハングリーヘブンさんでヤケ食い→更に高い駐車場へ移動(泣)
20150720_122102

つくば市の研究学園あたりにもこんなお店があったら通いたい。いや、あるのかな?研究学園はまだテナント自体が少ないんですよね~
もう少ししたら研究学園の散策も面白そうです。空気は茨城のほうがきれいでしょうし。
お腹も満ちたところで、近くに渓谷があるという情報を入手したので行ってみることに。
しかし、真夏の外の温度は30度超え..渓谷とはいえさすがに暑いだろ..

渋谷ヒカリエシンクスへ一時避難、ほとんど女性。そんでもって地下3階まで惣菜、スイーツでいっぱい。
僕がOLだったら間違いなくおっきく育ってますね。
デパートの家賃って一定以上からは歩合加算されるんでしょ?それでも売れるか分からないところにあるより絶対的に強いのか?
ブランド知名度アップが目的なのか?
この課題はまた次回に持越しですね。

そんなことを考えている間に妻がテレビで見たやつーって買い込んでる~っ

20150720_133924

うちの園児くんは食べたいという始末~ が、そこはお店もさすがに予測してくれています。
20150722_045324

町工場の技術も余すことなく伝えています。にっぽんの飴。

そろそろ夕方前、気温もそろそろ落ち着くだろうと世田谷区等々力へ、等々力渓谷という23区内で唯一の渓谷らしいですよ。
また高い駐車料金を覚悟して向かうと、なんと入り口のお寺の横の駐車場が無料で解放!やっぱり..やはり邪念無く覚悟の上で向かったから無料というお慈悲を授かったんでしょう。
邪念はいけませんねぇ~

等々力不動尊というお寺の中の階段を結構下りていくと、世田谷区とは思えない信じられない景色
ワンツースリー

20150720_160233 

20150720_1613221

散策していて気持ちの良い涼しい場所でした。東京では珍しく川の水もきれいで、小さな子が水遊びなんかもしていました。
こういうところに来ると妹が調布に住んでいた頃によく行った深大寺を思い出しますね。
もちろん山梨とか長野とかの自然って迫力も水の透明度も違いますし時間があったら行きたいです。
でも、都内にあるからこそ重宝されるこの自然。階段を上がればコンクリートジャングル。
ここで涼を取り、憩い、過ごしているんだなぁと思うと羨ましくもなりますね。
都内というのはむしろコンパクトで住みやすいのかもしれませんね。

帰りは上野に車を停めて御徒町の焼き鳥屋で一杯。相変わらずアメ横は外国人の爆買い・・

「はい、今からここにある商品、全品半額デーす!時計もネックレスも全品半額でーす!」

浅草もそうだけど、外国人とか地方観光客が訪れるところにはこういうお店がいっぱいありますね、笑
あれ?土浦のイ○ンにもあったやうな・・

逆に僕も外国へ行く時は色々勉強してからのほうが良さそうです、笑

ご相談・お見積りは無料です!

Tel.029-869-7115Mobile.080-6613-7711

営業時間:10:00~18:30(日曜は9:00~12:00)定休日:水曜日・祝日

Page Top
宅配サービス 6000円以上で送料無料
お客様の声